ペット火葬や葬儀のノウハウ知りともに生きる|ペット重要情報局

犬と猫

十分に弔う手続き

犬と猫

人が亡くなると必ず葬儀が行なわれるように、ペットに対しても十分に弔ってあげたいものです。動物の遺体を庭以外に埋めたり焼却処分することはあまり良い弔いの方法であるとはいえませんし、大抵の地域で禁止されています。周囲に迷惑をかけずに大事な遺体を処分してあげるためにはペット火葬を利用すると良いです。ペット火葬は最近では多くの地域でできるようになってきています。全国チェーンの業者もありますので、遺体の処分に困っている人がいれば対応することができるようになっています。ペット火葬業者に連絡をすればすぐに駆けつけてくれるので安心です。遺体は放置してしまえばどんどん傷んでしまうものなので、全国に支店がある頼れる業者のことを知っていればより安心です。

ペット火葬をする前にペットの遺体にしてあげられることがあります。それは遺体の状態を整えておくことです。死後身体は硬くなってしまうという性質があります。そのため、死亡後はそのままの形にせずに目を閉じてあげ手足をきちんと折りたたんであげることが大事です。そうすれば遺体を見ても心が痛みませんし、ある程度は死のショックを和らげることができます。そして身体の機能が止まると体内にとどまっていた液体が外に流れ出てくることもあります。それを防ぐために口や耳、肛門あたりにガーゼをつめておくことも大事です。人間の葬儀でもこれは専門の病院や葬儀社、納棺師などが行なってくれますが、ペット火葬については飼い主自身が行なう必要があります。